小顔になる方法を徹底調査【コンプレックスを解消しよう】

憧れの小顔を手に入れる

カウンセリング

美容整形外科の利用

顔が大きくて悩んでいる、エラが張って悩んでいるという人は少なくありません。スッキリとした小顔は、美人の象徴の一つと言われているほど、重要なことなのです。小顔になるためには、髪形やメイクを工夫するという方法をとる女性が多いですが、それだけではやはり限界があります。小顔ローラーなどのグッズも多様に売られていますが、そのようなグッズを使い続けるのは大変ですし、効果が現れるのに時間がかかってしまうことがほとんどです。そこで、おすすめなのが、美容整形外科の利用です。美容整形外科を利用した方法では、小顔になるための施術が様々あり、さらに短時間で高い効果を実感できます。一人一人の悩みに寄り添って適切な施術を行ってくれるので、より理想の小顔になることも可能です。さて、美容整形外科での小顔になる方法の一つが、ボトックス注射です。この方法は、主に頬にエラが張ってしまって顔が大きく見えている、というタイプの悩みの人に効果的です。ボトックスは、肌に注入すると、その部分の筋肉の力を緩めてくれるという特徴があります。この特徴を利用することで、こわばっていた筋肉がゆるみ、それによって作り出されていたエラを消すことが出来るのです。注射を打つだけなのでとても簡単な方法ですし、注射後2週間程度たてば、すぐに効果が現れます。ほかにも小顔になる方法はあり、例えばフェイスリフトと呼ばれる方法です。顔がたるみ、全体的に四角く見えてしまうというタイプに効果的です。特殊な糸を使い顔全体を釣り上げることで、スッキリしたフェイスラインを作り出し小顔に見せるという方法です。このように、美容整形外科では様々な小顔になる方法があり、自分に合った方法を選択出来るのです。さて、美容整形外科で小顔になる方法を実践するにあたっては、いくつか注意点があります。まず第一が、費用の面です。美容整形外科では、美容目的で施術や手術を行うため、健康保険が使えないことがほとんどです。そのため、費用は10割負担になり、高額になる場合があります。ボトックス注射など、成分を肌に注入するだけといった簡単な施術であればそれほど高額ではありませんが、フェイスリフトに加え、骨を削る小顔手術などの、麻酔をかけて行うようなものは、費用がかかってしまいます。また、そのような費用は自由診療のため、クリニック側で自由に設定している場合が多く、クリニックによって費用にばらつきがあります。そのため、自分の経済状況をきちんと見極め、自分のお財布に合った方法を選ぶということもとても重要なことです。また、小顔になる方法についての手術は、術後に腫れたり赤みが出たりしてしまうことがあります。多くの場合腫れや赤みは数日で収まりますが、痛みが出たり、いつまでも腫れが引かなかったりする場合には注意が必要です。術後は患部の抵抗力が弱まっていることが多いため、医師に言われたダウンタイムをしっかり守りましょう。化粧を控える、コンタクトをしないなど、医師に言われたことはしっかり守ることで、感染症を予防し、確かな効果を得ることが出来ます。小顔になるためには、このようなことに細心の注意を払いましょう。このように、顔に関する悩みを抱えている場合は、まずは美容整形外科へ足を運び、話を聞くことが一番の近道と言えるでしょう。

Back to Top