小顔になる方法を徹底調査【コンプレックスを解消しよう】

筋肉の発達を抑えて小顔に

顔を触る人

今人気の美容整形

顔が小さいと全体のバランスもきれいに見え、そんな小顔になりたいという人も多くいるのではないでしょうか。美容整形をすることでそんな憧れの小顔になることが出来るでしょう。美容整形と聞くとメスを使用した大掛かりな施術をイメージする人が多いのではないでしょうか。しかし、実はメスを使用する施術だけでは無く、メスを使用しない小顔になる方法もあります。それがボトックス注射です。ボトックス注射はしわなどの改善に用いられますが、しわだけではなく小顔にも効果を発揮してくれる優れモノです。ボトックス注射のボトックスはボツリヌス菌から出来ており、筋肉の収縮を抑えて筋肉の発達を抑制することが出来ます。その為、筋肉の発達によるエラ張りなどで顔が大きく見えている人の悩みを解決することが出来るでしょう。ボトックス注射は注射器だけで施術をすることが出来、簡単な施術でしっかり効果を実感することが出来ます。気になるところに数ヵ所注入することで筋肉の動きに作用し、数日後から効果が現れ1ヶ月たった頃には見た目にも分かるくらいの効果が出てくるでしょう。その為、手軽に小顔になる方法として大変人気になっており、雑誌やテレビなどでもたびたび取り上げられています。近年美容整形が大変人気になっており、以前よりも利用する人が大変増えています。その要因にメスを使用しない施術の増加が挙げられます。メスを使用する施術では傷口が大きい分、ダウンタイムを長く必要としたり腫れが出てしまったりする場合がありますが、ボトックス注射の様にメスを使用しない施術ではダウンタイムも少なく、腫れなど少なくすることが出来るでしょう。もともとボトックス注射は医療の分野で利用されていました。1980年代には本格的に眼瞼痙攣などの治療に用いられており、その後美容の分野で使用される様になりました。ボトックス注射は腫れや痛みも少なく気軽に施術を受けることが出来ます。ボツリヌス菌を使用した施術ですが、そのまま使用している訳ではなく加工して使用している為、ボツリヌス菌に感染してしまうといった心配は全くありません。美容整形では小顔になる方法としてボトックス注射が用いられていますが注入することで3ヶ月から4ヶ月程度その効果を持続させることが出来ます。一度の施術で永久に効果が残る訳ではありませんが、エラボトックスの場合は比較的効果が残りやすくなるでしょう。また、何度か施術をすることで徐々に持続期間が長くなっていきます。エラが張っていることで顔が大きく見えてしまうと、体は痩せていてもバランスが悪く見えてしまい痩せている様に見えなくなってしまいます。また、エラの部分をマッサージなどして改善しようとしても、なかなか改善出来る部分ではありません。やはり普段の食事や話をする中でエラ部分の筋肉である咬筋を使っているので、なかなか筋肉の発達を抑えることが出来ないでしょう。そんな時に小顔になる方法としてボトックス注射を選ぶことで、筋肉自体を小さくすることが出来るので、エラ部分をすっきりさせることが出来ます。ボトックス注射はこの効果を利用しエラ部分だけではなく、ふくらはぎを小さくするなど様々な部分に便利に利用することが出来るおすすめの施術です。

Back to Top